30代がセフレを作るにはどんな職業の子を選ぶのが良い?

30代が狙いやすいセフレ候補の職業とは?

男なら一人くらいセフレをキープしておきたい、そう思うのは不自然なことではありません。特に30代は仕事面で安定し始め、多少の刺激を求めたくなる時期です。かといって職場でのセフレ作りは、あとあと色々と問題も生じるでしょう。そこで、30代の男性がセフレを選ぶにはどんな職業の子を選ぶと良いのか、ご紹介していきます!

セフレを作りたい30代はこの職業の子が狙い目

30代になると、女の子への興味も多少は変わってきます。また、手当たり次第声をかけていた若い頃と違い、できるだけ確実性を求めたくなるでしょう。30代はこれまで狙いを定めていなかった職業のセフレ候補に絞ると、成功率がグンと上昇します。具体的にどんな職業が効率よくセフレ化できるのか、みていきましょう。

セールスレディ

街中でセールスレディを見かける方も多いのではないでしょうか?30代の男性が日中に自然な形でセフレ候補を探すなら、最も近づきやすいのがセールスレディだといえるのです。

彼女たちは重いカバンやスーツケースを運び、契約を取るために訪問先を日々駆けずり回っています。時には飛び込みでセールスをかけることもあるため、慣れない若いセールスレディは心身ともに疲れ、そして愚痴も溜め込みやすいのです。

そんな彼女たちに「大変そうだね」と偶然と装って近づき、話を聞いてあげましょう。彼女たちは仕事としてトークを武器にしているので、いきなり拒否されることはまずありません。軽く会話をしたあとは立ち話ではなく、お昼を奢ることを口実に近場で食べられる場所へ連れていきます。午後の訪問先が離れている場合は、その近くのお店を選びましょう。食後に胃の負担にならないように、移動距離を減らしてあげる心配りです。

食事をしながらの会話は、ひたすら相手の愚痴を聞いて理解を示してあげましょう。決して「それは違うよ」などと否定はせず、全て「そうだね~、わかるよ」と肯定してあげるのが重要です。相手としては、声をかけられた男に説教されてはたまったものではありません。女性は自分に共感してくれる相手に信頼感を抱きます。なので、あなたは相手の女性の悩みを理解してくれる、信頼できる男性に徹しなければならないのです。真剣なアドバイスも必要ありません。ただ黙って聞いてあげるだけで良いのです。多少自分の意見を言いたくなっても、目の前の相手がこの後セフレにできるのですから、我慢して聞いてあげましょう。

言いたいことを好きなだけ言ったら、女性は相手の女性は気持ちがすっきりします。あとは頃合いをみて「また今度ゆっくり話を聞くよ」といった感じで切り上げ、連絡先を交換すればOKです。その際、「今度は俺の悩みも聞いてよ」と付け加えるのを忘れてはいけません。セールスレディは仕事柄、相手の求めに応えたいもの。親しくなった相手なら、たとえプライベートな要求でも叶えてあげたい本能が働くのです。

30代の男性はある程度人生経験を積んでいます。相手が20代前半の年下の女性なら、年上の30代男性は頼りがいのある男に映るはずです。相手の悩みや愚痴を受け止め、どれだけ親身になって聞ける態度を取れるかがポイントになるでしょう。

ガソリンスタンドのバイト

通勤に車を利用している方なら、ガソリンスタンドは必ず利用しなければならず、なくてはならないお店です。仕事でクタクタになったあとに寄ったガソリンスタンドで、「オーライ!オーライ!」と威勢の良い声で誘導されると、疲れも一気に吹っ飛ぶ方も多いのではないでしょうか?ガソリンスタンドでバイトする彼女たちの笑顔は、男性を癒してくれるもの。ついついナンパ心が働いてしまいます。実はガソリンスタンドは30代男性だけではなく、人見知りしやすい男性でも狙いやすいスポットなのです。

ガソリンスタンドでは、基本的に車に乗ったままバイトの子とコミュニケーションを取ります。そのため、少々引っ込み思案な男性であっても、車内という守られた空間にいるおかげで比較的緊張せずに女性と会話ができるでしょう。というのは、心理学的にみると、車の中はプライベート空間なので、自宅と同じようなリラックス効果を生み出すことができるといわれています。つまり、普段と変わらない、ありのままの自分で女の子に接することができる場所が、ガソリンスタンドだといえるのです。

さらに、ガソリンスタンドのバイトの子は笑顔で接してくれます。リラックスした状態で見る笑顔の相手には好印象を抱きやすいため、ナンパの意欲も高まります。万全の環境で気持ちの準備が整ったら、いよいよナンパの実践に移りましょう。

普段から通っているガソリンスタンドなら、あなたは常連客として認識されていると思います。そこから一段階上げて、顔見知りの常連客になる必要があります。そのためには、通う度に一言二言あいさつ程度に「今日も元気だね!」くらいに声をかけるように
します。この時、せっかくバイトの子が明るく元気に対応してくれているので、そのペースに合わせて明るく軽いノリで「今度寿司でも食いに行こうよ」くらいに声をかけていきましょう。もちろん相手からは軽く流されてしまいますが、毎回同じように軽いノリで声をかけていれば、あなたは確実に彼女の印象に残ります。注意する点としては、真剣な素振りはみせないことです。仮に本気で誘っている態度が相手に勘付かれてしまったら、途端にあなたは彼女にとって、さらにはお店にとって警戒すべき対象になってしまいます。なので、声掛けはあくまで相手が笑顔でいられる程度に、明るく、軽めでじゅうぶんなのです。また、いくら軽めとはいっても、あからさまにセクハラめいた発言や下心が透けて見える発言もNGです。

ある程度慣れてきたら「今日何時で終わり?」と、あくまで軽いノリで聞いてみましょう。相手とはこれまでのやり取りで一定の関係性が築けているはずなので、答えてくれるでしょう。ここでのポイントとして、連絡先の交換などはせず、「〇〇時に〇〇で待ってるからご飯行こう」と投げかけるのが重要です。断られた場合、これからも通うことを考えて強引な聞き出しはしないで、待ち合わせにくるかどうかは相手に委ねておくのです。万が一バイトの子が来なかったとしても、次回通うときは「こないだ〇〇ちゃん来なかったから一人で寂しくメシ食ったよ~」程度に、軽いノリで対応しておきます。間違っても「何で来なかったの?」と追及してはいけません。必要以上にガツガツしない態度が、大人の余裕を印象付けるのです。

このガソリンスタンドのパターンでは、確実性は約束できません。ですが、それは初めの数回の話です。バイトの子に、軽いノリで下心のない人という印象をつけ信頼関係が築けていれば、二度、三度と繰り返しているうちに、試しに行ってみようかな?と思ってくれるようになります。人は何度も相手に苦痛な環境を与え続けていると、罪悪感を抱くようになります。たとえ自分に非がないことであっても、幻想的な罪悪感を抱くようになるものです。自分が車内にいる環境だからこそできる、ナンパ初心者にもおすすめの方法です。普段セルフスタンドしか利用しないという方は、バイトの子が対応してくれるスタンドを利用してみてはいかがでしょうか?

30代はナンパでのセフレ作りが成功しやすい年代

20代に比べて、おっさん化した30代の男はナンパなんて成功しない!と諦めてしまう方もいるかも知れません。そんなあなたは、きっと損をしています。30代には10代や20代にはない、男としての魅力があるのです。頼もしさや豊富な知識、経験を求めている若い女の子は、それらを全て兼ね備えている30代男性の魅力に気付いていて、セフレをして付き合っている子も少なくありません。

ナンパでのセフレゲット率は、出会い系に比べて効率が悪いのは確かです。でも、リアルな空間で知り合った女の子を次第にセフレにしていく過程を味わえるのが、ナンパの最大の楽しみといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です